気になるandroidプログラマの将来性

androidというのは、スマホに搭載されているOSのことである。
非常に自由度が高い点が魅力で、じわじわとシェアを拡大し続けているものだ。
今後は今よりもさらにシェアを拡大させていくことが予想されているので、仕事の量はもっと増えていくはずである。

androidアプリを作成する能力があるのなら、転職に困ることもないだろう。
将来性は非常に高く、IT業界の中でもトップクラスであることに異論はない。androidアプリが作れるなら、そもそも就職をする必要性も薄いかもしれない。
なぜなら、自分一人でゲームやユーティリティツールを作って公開すればある程度のお金は稼げるからだ。
大ヒットさせることができれば、会社に勤めているときよりも多額の年収を稼ぎ出すことができるかもしれない。

このように、会社に勤めてもよく個人事業主としてやっていくもよく、素晴らしい仕事として若者たちの間でも人気が高い。専門学校ではこうした仕事に就けるコースが大人気であって、多くの優秀な人材が続々と業界入りしているのだ。ただ、やはり時代の流れには敏感になっておく必要はあるだろう。
もしもOSが丸ごと変わるような事態になったときには、今まで学んだことがすべてパーになってしまう可能性もあるのだ。その点に気をつけて、保険をかけておくことも大切である。
ただし、基本的にはjavaの勉強をしていくだけなので、OSがダメになってもWebさえあれば活躍は可能だ。とにかく、スマホが主流となっている今、さらに需要が高まり将来性あるandroid領域でのエンジニアの活躍は期待されている。